緊縛クロッキー会FAQ

絵:香苗真由美(2016年 有末剛 緊縛ヌードクロッキー会 金町にて)
※この参考画像はヌードですが、クロッキー会募集時に記載が無い場合は基本的に着衣となります

■緊縛クロッキー会とは

有末剛緊縛による、着衣・セミヌードのクロッキー会です。

緊縛デッサン・クロッキーは、有末剛が海外でのワークショップを行った際「なぜ緊縛を美術の世界でシェアしないのか?」と提言されたことを機に始まったそうです(過去の緊縛クロッキー会の案内文より引用)。

デッサンの経験、レベルは一切問いません。上手に描くことを目的とせず、緊縛美の鑑賞と描くことを楽しんでいただければと思います。

指導や講評はありませんが、終了後、モデルさんも一緒に皆さんで描いた絵を観る時間を設けますので、ぜひ皆さんで交流の時間を持ってください。

■画材について

画材は各自ご用意をお願いします。油彩やスプレーなど、会場を汚す恐れのあるもの以外でお願いします。鉛筆やミリペン、iPadなどを使用する方が多くみられます。お手持ちのものでご参加ください。

以下に代表的なものをご紹介します。

[紙]
机、イーゼル、カルトン(画板)の用意がありませんので、スケッチブックやクロッキー帳など、冊子になっている紙ですと安定して描くことがでます。

[鉛筆]
通常の鉛筆デッサンでは、HBやBから描きはじめて、太い線や陰影などの濃い調子を入れる際に2Bや4Bを用いるのが一般的だそうです。

[消しゴム]
画用紙を痛める恐れの少ない練り消しゴムがおすすめです。クロッキー帳など紙によっては通常のプラスチック消しゴムでも大丈夫です。

■当日のご案内

縛り始めてから約15分、4~5ポーズ程度を予定しています。ポーズが出来上がる前に描き始めていただいて構いません。

お席は座布団、もしくは椅子となります。後ろの方に邪魔にならなければ、お立ちいただいて会描いても構いません。会場が狭いため、お席の移動は基本的にできません。
※会場が鴨江ブンダーカンマーの場合

■禁止事項

・携帯電話の使用、写真撮影
・モデルに触れようとする行為
・デッサン中にみだりに席を立つ行為
・他の参加者に迷惑をかける行為(大声を出す、デッサンを行わない、など)

主催:艶縛画報社