6/1『艶縛画報』有末剛緊縛写真集 2 発売

有末剛独自の美的感覚溢れる写真集 第二弾
東京タワーを臨むシティホテルでの撮りおろし

 アートユニット「艶縛画報社」(えんばくがほうしゃ http://enbakugaho.net/)は、緊縛歴40年を超える伝説的緊縛師、有末剛による緊縛写真をお届けする『艶縛画報』の第2号を2021年6月1日に発売しました。歴史ある京都の町屋を舞台とした責め縄で反響を呼んだ3月の創刊号とはうってかわって、東京タワーを臨むシティホテルでの撮りおろし。緊急事態宣言下の危うい逢瀬をイメージさせる、現代ならではの内容です。前号とは違った切り口ながら、1対1での没入感あふれた責め縄が再び上品に表現されており、有末剛の美的感性が余すことなく発揮された豪華な1冊です。

 今号も、有末剛への最新独占インタビューを収録しています。今回は7ページにわたるロングインタビューで、タイトルは「健全な変態が棲む街は、不健全か」。ストリップ取り締まりや、訴訟で国が性風俗は「不健全」とする見解を示したことにも言及しており、現在社会の「性」についてタイムリーに捉えた言葉が並びます。

 「不健全さを体内に取り入れることって、人体の免疫、ワクチンみたいなもんじゃないですか。綺麗な身体だけにするとそれはもう、サイボーグみたいで、人間的じゃなくなって、つまらない。ちょっと欠けていたり、足りなかったり、汚かったり。いろんなものがあるのが、人間なんで。不健全ってつまり人間性、みたいなもんですよね、たぶん。」
 ─有末剛最新独占ロングインタビューより

 3月に創刊号を発刊したばかりの艶縛画報社ですが、既に、テーマが大きく異なる3号、さらには4号の制作に着手しており、有末剛の現在の緊縛を多様な切り口で、ハイペースにお届けする予定です。

 艶縛画報社のもう1つの柱であるイベント事業も、静岡県での「緊縛茶論(サロン)」の定期開催が決定。緊縛茶論は緊縛について、安全に、多角的に語り、楽しみ、体験・修得できる場を目指す取り組みです。

■緊縛師 有末剛 プロフィール
1980年代に緊縛師としてデビュー。以後、団鬼六原作・杉本彩主演「花と蛇」、壇蜜主演「甘い鞭」など、多くの映画や雑誌等で緊縛を担当するなど、数多くの雑誌や映画で緊縛を担当。国内外で精力的にワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。近年は他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開。自らも著述や写真などの作品を発表する。緊縛師であり官能研究家、写真家であり作家。2020年、緊縛師40周年を迎えた。艶縛画報社より写真集『艶縛画報』(2021年3月創刊)発売中。
有末剛 公式WEBサイト https://arisuego.jimdofree.com/
公式Twitter  https://twitter.com/goarisue/

【書籍情報】
タイトル:『艶縛画報』有末剛緊縛写真集 2
発売日 :2021年6月1日
定価  :2,800円(税込)/送料別
仕様  :A5判 40ページ カラー・モノクロ 無線綴じ
内容  :不要不急のデイユース 6時間束の間の逢瀬 有末剛×香苗真由美
有末剛 独占ロングインタビュー 「健全な変態が棲む街は、不健全か」

【取り扱い店舗】
特殊書店BiblioManiaウェブショップ
https://bibliomania.easy-myshop.jp/c-item-detail?ic=A000000331

そのほか、主に有末剛緊縛教室の拠点となっているギャラリー、イベント会場にて限定販売。

《限定取り扱い店舗》
・鴨江ヴンダーカンマー(静岡県・浜松)
・特殊書店BiblioMania(愛知県・名古屋)
※取扱い店舗ではサンプルをご覧いただけます

《サンプル設置店》
・Bar&gallery卍(北海道・札幌)
・風俗資料館(東京都・飯田橋)
・Neoアジト(旧店名 No, Where・東京都・新宿)
※入場料や飲食代がかかる場合があります

※本書の無断転載、電子化を含む複製、SNS等へのアップロードなど権利者の権利を侵害するすべての行為を禁止しております。画像掲載の際は、プレスリリースのデータをお使いください
※プレスリリースの写真は本誌とデザインが異なることがございます

■緊縛茶論 6月に浜松で開催
2021年6月25日(金)から27(日)まで、怪奇骨董秘宝館 鴨江ヴンダーカンマー(静岡県浜松市)企画展「蠢く春画」会期末にイベントを開催。体験緊縛会・緊縛クロッキー会・赤江かふお×有末剛のショーなど。
イベント詳細 http://enbakugaho.net/2021/06/06/210625_performer/

【本件に関するお問い合わせ先】
企画・編集・発行 艶縛画報社
編集部宛 E-mail enbakugaho@gmail.com
WEBサイト http://enbakugaho.net
SNS @enbakugaho