3/15 有末剛緊縛写真集『艶縛画報』創刊

有末剛緊縛写真集『艶縛画報』

 アートユニット「艶縛画報社」(えんばくがほうしゃ http://enbakugaho.net/)は、緊縛歴40年を超える伝説的緊縛師、有末剛による緊縛写真をお届けする、『艶縛画報』を2021年3月15日、創刊しました。創刊を飾る本号は、緊縛と同様に日本の伝統美を象徴する京都の町屋を舞台に、緊縛師と受け手が1対1で向き合う没入感・臨場感が溢れる作品となりました。有末剛の責め縄をこれほどまでに観ることができる写真集はかつてなく、大変希少で豪華な1冊となっています。

 艶縛画報社の初出版となる『艶縛画報』は、今後も、有末剛の現在の緊縛を、多彩な角度からの写真にてお伝えしていきます。

 本号では、有末剛への最新独占インタビューも収録しています。タイトルは「コロナ下の接触『飢餓』 緊縛が癒す」。情報の氾濫で飽和状態にあるともいえる「官能」、そしてコロナ禍における「緊縛」の意義を、緊縛と長年向き合ってきた有末剛ならではの感性を通じ、今一度考えさせる内容となっています。

 「これからは、自分が本当に好きなものを突き詰めていく作業をしたい。そんななかでの今回の緊縛は、偽りのない責め縄のライブ。 「本物」の価値がありますぞ、と胸を張って言えるのだ。」
 ─有末剛最新独占インタビューより

 艶縛画報社は、静岡県を拠点とした「緊縛茶論(サロン)」を定期開催していきます。緊縛について、安全に語り、体験・修得できる場を目指す取り組みです。さらには、緊縛クロッキー会も予定しています。

■緊縛師 有末剛 プロフィール
1980年代に緊縛師としてデビュー。以後、団鬼六原作・杉本彩主演「花と蛇」、壇蜜主演「甘い鞭」など、多くの映画や雑誌等で緊縛を担当するなど、数多くの雑誌や映画で緊縛を担当。国内外で精力的にワークショップを開催し、緊縛指導書などの制作も行う。近年は他分野のメディアやアーティストと積極的にコラボレーションを図り、芸術性の高い独自の緊縛世界を展開。自らも著述や写真などの作品を発表する。緊縛師であり官能研究家、写真家であり作家。2020年、緊縛師40周年を迎えた。
有末剛 公式WEBサイト https://arisuego.jimdofree.com/
公式Twitter  https://twitter.com/goarisue/

【書籍情報】
タイトル:有末剛緊縛写真集『艶縛画報』
発売日 :2021年3月15日
定価  :2,800艶(税込)/送料別
仕様  :A5判 42ページ カラー・モノクロ 無線綴じ
内容  :偽りなき臨場感 京町屋責め縄ノンフィクション  有末剛×香苗真由美
     有末剛 最新独占インタビュー「コロナ下の接触『飢餓』 緊縛が癒す」

【取り扱い店舗】
公式通販のほか、有末剛緊縛教室の拠点となっているギャラリーにて限定販売
・公式通販BOOTH https://enbakugaho.booth.pm
・怪奇骨董秘宝館 鴨江ヴンダーカンマー(静岡県浜松市) https://wunderkammer.jp
・green & garden(京都市中京区) http://green-and-garden.net

※本書の無断転載、電子化を含む複製、SNS等へのアップロードなど権利者の権利を侵害するすべての行為を禁止しております。画像掲載の際は、プレスリリースのデータをお使いください
※プレスリリースの写真は、プロモーション用のフライヤー画像、及び掲載写真のコラージュです。一部本誌とデザインが異なります

■本書より写真展示を実施中。体験緊縛会も開催
2021年3月21日(日)まで、静岡県浜松市での企画展「ホールドミータイド」(於:怪奇骨董秘宝館 鴨江ヴンダーカンマー)に本書より写真を出展中。
3月20日(土)21日(日)には、静岡県で初となる有末剛体験緊縛会を開催。
詳細 http://enbakugaho.net/2021/02/25/210320-21kinbakutrial

【本件に関するお問い合わせ先】
企画・編集・発行 艶縛画報社
編集部宛 E-mail enbakugaho@gmail.com
WEBサイト http://enbakugaho.net
SNS @enbakugaho